50代薬剤師の再就職なら

薬剤師再就職TOP >> 基礎知識 >> 50代薬剤師の再就職なら

50代薬剤師の再就職なら

再就職は年齢が上がるに従って難しくなるのが現状です。薬剤師は他職種に比べて転職しやすい職業ですが、それでも定年退職が見えてきた50代の転職はハードルが高くなります。

一般的に企業側が50代の薬剤師を敬遠する理由として、定年が目の前にある年代のため長く働けない、人件費が高い、職場になじみにくい、将来性がないなどが挙げられます。このため再就職をあきらめる人も多いのですが、体力がついていかない、今まで勤めていた職場が廃業したなどの理由で再就職をせざるを得ない人もいます。また子どもの受験が終わったので再就職をしたいという50代の女性も少なくありません。

50代であっても、薬剤師の再就職は十分に可能です。50代には長年働いてきた経験と実績があります。ただし長年MRとして働いてきたなどで調剤経験がないと、再就職は難しくなります。しかし調剤経験が豊富であれば、50代でも歓迎する職場はたくさあります。50代の中途採用者に求められるのは、優れた調剤スキル、豊富な薬の知識、人生経験に裏打ちされたコミュニケーション能力、経験を生かしたアイデアの提供などです。これまでの経験をいかに生かせるかが、再就職を成功させる最大のポイントとなります。自分がこれまでどのような職場で、どのような業務に携わってきたのか。前の職場では会社にどのような貢献をしたのかをしっかりとアピールすることが大切です。

しかし、50代の薬剤師が転職しにくい職場もあります。それは40代など若い社長が経営する会社です。このような場合は経営者より年上の社員を中途採用しようと考えるケースは極めて少ないのが現状です。ヘッドハンティングされるほどの突出した能力があれば別ですが、一般的な転職ではなかなか成功しないと考えましょう。

人材採用では年齢によって採用を制限してはならないとされているものの、現状では40代までしか採用しないと決めている会社もあります。特に上場しいる会社や大手ドラッグストアなどでは若手を優先する傾向がありますから、規模の大きな会社への転職は難しいと考えられます。

どうしても再就職が難しい場合は、地方へのUターン・Iターン転職を検討してみるのもおすすめです。都心部では競争率が高いので、なかなか採用に至らないこともあります。しかし地方には人材不足の職場がたくさんあります。特に薬剤師のように医療にかかわる人材は、地方に住む人たちの健康を守るためにも欠かせませんから、地方で転職活動をして再就職を成功させている人もいます。家庭の事情で今の場所から離れなれないなどの理由がなければ、地方への転職も検討されてはいかがでしょうか。

薬剤師の再就職向け求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートメディカルキャリア 詳細



Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の再就職求人ガイド All Rights Reserved.