60歳以上での薬剤師再就職は可能?

薬剤師再就職TOP >> 基礎知識 >> 60歳以上での薬剤師再就職は可能?

60歳以上での薬剤師再就職は可能?

60歳で定年退職となる職場が多いのですが、60代でもまだまだ若々しい人が多く、リタイアせずに働きたいというシニアは大勢います。定年後も働きたいという人は、生涯現役で薬剤に関わっていたいという熱意をもっている人が多いのが特徴です。また、老後の生活費を補うためという理由も少なくありません。60歳以上での薬剤師再就職は可能なのでしょうか。もちろん60歳でも働ける職場はありますから、あきらめる必要はまったくありません。

ただ60代での再就職では、収入は大幅に減ります。以前と同じレベルの年収が得られる職場はほとんどありませんから、収入面では妥協しなければならないケースが多くなります。あまり高収入を求めずに、職場探しをすることが大切です。

60代での再就職を成功させるためには、自分がこれまでに培ってきた経験を棚卸しして、自分の強みを把握することが大切です。そして自分の強みが生かせる職場を探しましょう。これまでの経験や自分が得意なこと、自分の強みをいかして、そしてどのような職場でいかせるのかをしっかりと分析し、職場探しを行いましょう。

ただ、自分では若いつもりでも予想以上に仕事が忙しく体力的についていけない……という事態に陥ることもあります。体調を崩して休みがち、重い商品の棚出しは若い人に任せるなどということがあれば、職場の仲間に迷惑がかかります。体力面を十分に考慮し、健康的に働ける職場を選ぶことも60代の再就職の秘訣となります。

また、転職後の職場は若い人が多いので、年下の人たちと協力しながら働かなければいけません。自分よりも経験が少なく未熟だと感じる社員が上司になるケースも多いものです。60代の薬剤師は調剤スキルの高さだけだなく、人生経験が豊富という点も評価されます。年下ばかりの職場でも決してえらぶらず、年は上でも私は新人という意識をもたなければ周りになじめません。そのうえで自分の考えを押し付けるのではなく、さりげなくアドバイスできる力が求められます。

人生経験による対人スキルの高さも期待されています。高齢のお客様に親身になって接客できる、若いお母さんに赤ちゃんの子育てについてアドバイスをして安心感を与えてあげられるといった存在であれば、若い人にはないスキルの持ち主として頼りにされます。高齢化が進んでいますから、60代でも働ける職場は増えています。60代だからとあきらめずに再就職を成功させましょう。

薬剤師の再就職向け求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートメディカルキャリア 詳細



Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の再就職求人ガイド All Rights Reserved.