再就職時の志望動機はどうする?

薬剤師再就職TOP >> 基礎知識 >> 再就職時の志望動機はどうする?

再就職時の志望動機はどうする?

中途採用の人材を確保するうえで、採用担当者が重視するのが志望動機です。好感度の高い志望動機を示さなければ、どのような志望動機が好感度が高いのでしょうか。

担当採用者が志望動機から知ろうとしていることは、その人を採用することで会社に何らかの利益が出るかどうかです。といってもそれほどハードルを高くしているわけではありません。主に、すぐに辞めずに長く働いてくれるかどうか、前の職場ではどのような職務をどの程度のレベルで行っていたのか、自社が希望する人材の条件と合致しているかどうかを判断します。

調剤薬局でも病院でも、またはドラッグストアであっても薬剤師を雇うときは、第一にその人が長く勤めてくれる人かどうかを判断しようとします。企業は人材を確保するために求人広告を出して書類審査、面接、採用手続きなど費用と手間をかけています。せっかくお金と手間をかけて人を雇っても、すぐに辞められたのではこれらの活動がムダになりますし、さらに新たに人材を採用するための費用と手間がかかります。ですから志望動機では、その職場で長く働きたいという情熱を伝えましょう。

しかし情熱だけでは不十分です。中途採用の場合は新卒採用と違って、すぐに現場で活躍してくれる人材を求めています。このため採用担当者はその人の仕事のレベルも知りたいと考えています。職務経歴書でこれまでの仕事内容を伝えることは可能ですが、志望動機にもこれまでの経験を生かして、さらに飛躍したいという気持ちを伝えることも大切です。

一口に薬剤師といってもドラッグストアでは接客力が求められますし、病院では調剤能力や多職種とのチームワークなどが求められます。このように採用人材に求める条件はそれぞれの職場によって異なります。十分にリサーチしてその会社がどのような人材を求めているのかを知っておきましょう。たとえば調剤能力の高い薬剤師を求めている職場なら、調剤能力に自信がありスキルを発揮できる職場だと思い応募致しましたというように、職場が求めている人材であることをアピールすると採用されやすくなります。

志望動機ではなぜこの会社に応募したのかという理由を、具体的に説明することも大切です。そのためには応募する企業の情報を集めると同時に、採用情報や求人情報からどのような能力が求められているのかを把握し、その職場で自分が働いている姿を思い描いてみましょう。そうすれば説得力があり、好感度の高い志望動機となります。

薬剤師の再就職向け求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートメディカルキャリア 詳細



Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の再就職求人ガイド All Rights Reserved.