中高年薬剤師の再就職なら

薬剤師再就職TOP >> 基礎知識 >> 中高年薬剤師の再就職なら

中高年薬剤師の再就職なら

中高年の方で、薬剤師として再就職を考える方は、年齢によってそのしやすさが異なってきます。30代後半から60代までというイメージで考えると、30代後半はまだ再就職の可能性はあり、40代は少し難しくなってきます。50代では、かなり年齢としては高くなってくるため、通常の企業などでの正社員としての復帰は難しいかもしれません。もちろんその人が持っているスキルにもよるため、一概には言えませんが、年齢だけを考えた場合の目安として頭に入れておきましょう。

30代後半や40代では、再就職の際にポイントになるのは経験です。何らかの事情でブランクが空いてしまったにせよ、企業としては利益に貢献してくれる方を求めています。そのため、自分にどれくらいの経験やスキルがあるのかという事をアピールできるようにしておきましょう。ずっとブランクなしで勤めている方は、40代前後となれば、かなりのスキルや経験を積んでいる方が多いです。そのため、再就職をするにはその方たちと同等レベルか、もしくはそれ以上のスキルや経験を持っていないと難しいと言えます。基本的には年齢の若い方の方が長く元気に働いてくれるため、歓迎されやすいためです。

次に50代ですが、こちらは大きな仕事に携わった経験がある、もしくは企業が今欲しがっている人材にマッチしているという事が条件になるでしょう。すぐに大きなプラスにならなければ、正社員として迎え入れる理由にならないためです。50代の方は元気に働ける年数も限られてきます。また、給与の面でも高めを希望する方が多いため、その人件費を割いてまで雇うメリットがないと採用は難しいのです。

中高年の再就職は他の職種でも言えますが、狭き門ではあります。ですが、少し視点を変えて、正社員ではなく、まずは契約社員やアルバイトという形で仕事をしていくなら、そのハードルは大きく下がります。仕事の内容はドラッグストアの薬剤師や、小さな規模の調剤薬局の薬剤師などがあります。時給制にはなりますが、仕事内容も比較的難しくない事が多く、再就職の方でも無理なく行っていく事ができます。時給も薬剤師は専門職のため高めに設定されており、2000円以上の求人も多いです。もちろん正社員の仕事と比べると劣る面はありますが、自分の働き方を見直した上で選べば、悪くない選択肢です。

正社員や派遣などの仕事も含めて、求人探しには転職サイトを利用するのがお勧めです。最近はリクナビ薬剤師やマイナビ薬剤師など、薬剤師専門の転職サイトも増えてきました。薬剤師業界に詳しいアドバイザーの方が求人を紹介してくれて、仕事の相談にも乗ってくれるため頼りになります。

薬剤師の再就職向け求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートメディカルキャリア 詳細



Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の再就職求人ガイド All Rights Reserved.