出産後の薬剤師の再就職なら

薬剤師再就職TOP >> 基礎知識 >> 出産後の薬剤師の再就職なら

出産後の薬剤師の再就職なら

出産後に再就職する場合、子育てと仕事の両立ができるかという不安があります。子育て中も本を読む、新薬に関する知識を仕入れるなど、家庭でできる範囲で勉強を続けておくと安心です。

そして子育てや家庭と両立できるかという問題も、非常に気になるところです。子育てを重視する場合は残業がない職場や、パートで午前中だけ働くなど、ゆったりと働ける職場を探しましょう。子どもが幼稚園に入学するなどで子育てが一段落して職場復帰するなら、フルタイムでしっかりと働ける職場もおすすめです。また女性活躍推進法という法律で従業員が301人以上の企業は、女性が活躍できる職場を整備するために、どのような取り組みをしているのかを公表しなければいけないと義務付けられています。このような会社では女性が子育てをしながら働ける職場作りを進めていますから、子育て中での女性でも働きやすいという特徴があります。従業員が301人以上の企業に就職するのもおすすめです。

夫がいる場合は妻の年収が決められた金額よりも低いと税金や厚生年金、健康保険料が免除され、夫の所得税が控除される制度があります。妻の収入が低い場合は夫の扶養範囲内とみなされるので、このような制度が適用されるのです。パートで働く場合はこの制度について知っていると得をします。しかし逆に損をするケースもあるので、上手に調整しながら扶養内で働くことがポイントとなります。この制度についてはインターネットのホームページでもたくさんの情報が公開されています。扶養内や配偶者控除というキーワードでインターネット検索をして、どのような制度なのかを調べておくことをおすすめします。

出産・育児でブランクがあると、職場復帰に不安を感じる人も少なくありません。特に現場で活躍できるか、新しい知識を覚えられるかという不安を抱く人が多いのですが、最初はとまどっても働いているうちに勘も戻りますし、新薬の知識も焦らずに覚えていけばすぐに身につきます。仕事が大変でも帰宅して子どもの笑顔を見れば、疲れも吹き飛ぶはず。実際に働くまではさまざまな不安がありますが、いざ働いてみればそれほど不安に感じることはなかったことがわかるはずです。

しかし職場選びは妥協せず、納得のいくところを選びましょう。子どもが急に熱を出したなどで、突然休まなければならないこともあります。子育て中のスタッフが多い職場や、子育てと仕事の両立に理解のある職場を選ぶことが大切です。

薬剤師の再就職向け求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートメディカルキャリア 詳細



Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の再就職求人ガイド All Rights Reserved.