職場別の再就職ポイント

薬剤師再就職TOP >> 職場別 >> 一般企業への薬剤師の再就職

一般企業への薬剤師の再就職

薬剤師として企業に再就職するのは、調剤の仕事ではなく研究職の仕事になります。薬剤師の資格を持っている方の中でも、やはり新しい薬の開発に携わりたいという方は多いです。新しい物を創りだすというのはやはりやりがいも感じられますし、それが多くの患者さんの役に立つのなら、仕事への充実感や達成感といったものも感じやすいです。しかし実際の所、薬剤師として研究職の仕事に再就職するのは難しい面があります。

それは研究職という仕事は広く浅く知識を持っているよりも、化学なら化学を、物理に強いなら物理をといったように、専門分野に特化して極めている方が向いているためです。薬剤師は医療の分野も化学分野も生物系の分野も幅広く知識を持っていますが、実は専門的に学んだ方と比べると、とても浅いものになっています。そのため、研究職は非常に狭き門となっています。

ですが、諦めずに応募すれば、薬剤師としても十分活躍できる研究職の仕事もあります。専門分野を皆持っていると言っても、その分野に100パーセント直結した仕事に就いている訳ではないためです。誰もが知らない知識を勉強しながら仕事を進めている部分はあり、薬剤師の方も、ベースの知識が足りていて、残りは今後の仕事の中で身に付けていって貰えれば良いという職場は採用に至る可能性もあります。

そのためにも、まずは自分がどのような事ができるのか、どのような知識があるのかという事を把握しておきましょう。再就職にあたり、求人で仕事内容が分かるはずなので、その仕事内容に、自分の経験が生かしていけるのかという所も確認しておくと良いでしょう。具体的に生かせるイメージが湧けば、仕事を始めてからでもスムーズに研究の仕事に入っていく事ができます。

冒頭でも述べたように、薬剤師として研究職に再就職するのは採用に至る可能性が高いとは言えないため、ある程度の期間を転職活動の期間として見ておく方が良いでしょう。また、面接対策などの準備も各企業ごとに行い、自分のスキルと、転職先が求めている能力が一致しているかどうかを確認しましょう。あとは興味のある求人にどんどん応募していくという流れになります。あなたに合う職場が必ずあると信じて、頑張って再就職活動を進めていきましょう。求人探しには転職サイトを利用すると思いますが、転職サイトのアドバイザーの方などに相談をするのも良い方法です。お勧めの求人を紹介してもらえる以外にも、面接の対策を行ってもらえたり、志望動機のチェックなど、様々なサポートをしてくれます。

薬剤師の再就職向け求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートメディカルキャリア 詳細



Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の再就職求人ガイド All Rights Reserved.