製薬会社への薬剤師の再就職

薬剤師再就職TOP >> 職場別 >> 製薬会社への薬剤師の再就職

製薬会社への薬剤師の再就職

薬剤師の再就職先として、製薬会社を希望する人が増えています。これは製薬業界の給与が他職種に比べて高いことや福利厚生が整っている会社が多いことが理由となっています。産休や育休制度も整っており、子育てしながらでも働きやすいうえに、週休2日制で年末やお盆の休暇もしっかり取れるので、女性からの人気も高い職場です。しかし一口に製薬会社といっても、薬剤師はさまざまな部署で活躍しており、部署ごとに仕事内容も異なります。製薬会社で薬剤師が活躍できる部署は主に、研究職、開発職、学術職、DI業務、MRなどです。

研究職は新薬を開発するための研究をするのが仕事です。しかし研究職の募集では大学院卒を条件にしている企業も多く、薬剤師の資格を持っているだけでは採用されないケースが大半です。

開発職は非臨床試験のデータを分析して新薬の候補となった化合物について、実際に臨床研究を行ってデータを収集し、そのデータを基に承認申請を行い、医薬品として商品化するのが仕事です。薬剤師は治験のデータ分析や承認申請書の作成、研究職と医療機関とのパイプ役となって活躍します。

学術職は医薬品の情報を収集し、データをまとめてこれらの情報を必要とする人たちに提供したり、アドバイスしたりするのが仕事です。医薬品の情報は外国の論文や文献も多いですから、語学力が必要となります。学術職の求人自体が少ないこともあり、再就職先としては狭き門となっています。

DI業務は学術職と似たような仕事をする部署です。DIとはドラッグインフォメーションの意味で、日本語では医薬品情報管理業務といいます。医薬品の情報を集めて管理し、医師や薬剤師、一般利用者に向け医薬品の情報を伝えます。医薬品の情報を提供するための資料の作成、医薬品に関する問い合わせの対応などが主な業務となります。薬品についての知識や情報収集能力、コミュニケーション能力などが求められます。

MRは営業職ですが、一般の会社の営業とは異なり、医師や薬剤師に自社の医薬品についての情報を提供するのが主な業務です。MRとはMedical Representativeを略したもので、日本語では医療情報担当者と訳されています。自社の新薬を購入してもらうことも大切ですが、医薬品の情報を伝えるとともに医療現場からの声を聞いて情報を集めるのも大切な業務です。

いずれの業務に関しても薬剤についての知識が求められると同時に、企業に貢献できる能力がなければ採用には至りません。まずは自分の能力を客観的に評価して、強みとなる能力を把握しましょう。そしてその能力が生かせる部署に転職するのが成功のポイントとなります。

薬剤師の再就職向け求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートメディカルキャリア 詳細



Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の再就職求人ガイド All Rights Reserved.